HOME > 勇気づけの子育てについて

勇気づけはこんな方におすすめです

■ 子育ての悩みがある
■ 心配事を相談できるママ友が欲しい
■ イライラ・ガミガミするのはもういやだ
■ 自分の子育てに不安や迷いがある
■ 子どもに楽しい人生を送って欲しいと願っている
■ 子どものやる気や能力を引き出したい
■ 自分に自信を持ち、毎日を楽しみたい
■ 周囲の人(夫・姑・ママ友など)との人間関係を円滑にしたい

勇気づけを学ぶとこんな変化があります

■ 子育ての軸ができ自分の子育てに自信がもてるようになる
■ イライラしたり怒ったりすることが減る
■ 子どもがやる気になり能力が伸びる
■ 子どもの心が安定し落ち着いてくる
■ 子育てがラクに、楽しくなる
■ 人間関係がうまくいくようになる

「勇気づける」って?

困難を克服する活力を与えることです

勇気づけの子育てでは、「するべきことをする・してはいけないことはしない」それを罰で恐れさせたりご褒美でつったりするのではなく、本来の意味を子どもが自分自身で考え本人の力で一歩前へ進むためのサポートをします。私は子に接するとき、自分の言動で息子たちはどう思ったかな?と考えるようにしています。
・自分はできる!能力があるんだ!と子どもが思えるように。
・ママは自分の味方なんだ、仲間だ!と思えるように。
・自分は人の役に立っているんだ!と思えるように。

それが子どもを勇気づけるということだと思うのです。私の具体的な「勇気づけ」実践例についてはブログに書いてありますのでご参考にしていただければ幸いです。

勇気づけを学べるELM講座について

■□ELM講座とは
ELM(エルム)とは、Encouraging Leader's Manualの略で、アドラー心理学に基づく「勇気づけ」が1章あたりおよそ30分という短かい時間で学べる体験学習講座です。

■□アドラー心理学とは

ウィーンで世界初の児童相談機関を創設したアルフレッド・アドラー(1870〜1937)によって創られ、後継者たちによって今でも進化をとげつつある心理学です。 教育界だけではなく、ビジネス界や医療現場などでも注目されています。アドラー心理学の特徴の中で最も対人関係に影響があるのが、困難を克服する活力を与える「勇気づけ」なのです。

■□ELM講座の内容

第 1章 さまざま見方 考え方の存在を意識する
第 2章 聴き上手になる
第 3章 言い方を工夫しよう
第 4章 感情と上手につきあう
第 5章 自分のスタイルを明確にする
第 6章 セルフトークを意識する
第 7章 目的を意識する
第 8章 自分の人生を引き寄せる
第 9章 自分のよさを再発見する
第10章 あたりまえの価値を再確認する
第11章 物亊を前向きに考える
第12章 勇気づける

▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system